今がチャンスのRuby 汎用性に優れているメリット!

rubyエンジニアに最適な人材とは?

rubyエンジニアは、アメリカを中心にして数を増やしてきています。ですが、まだまだjavaなどの主要言語に比べると数は少ないです。
rubyを採用している企業の数も少ないですから、発展途上のプログラミング言語だといえます。
これは、rubyが比較的新しい言語だという点が大きいでしょう。
時間が経つほどにより使いやすくなっていくはずですし、使用者数も多くなっていくことが予想されています。
ただ、そのためには使用環境から改善していける優秀なエンジニアが求められています。

オープンソースのソフトであって、誰でも改良には加われますが、開発者と連絡を取り合っているのは世界でもおよそ70人程度しかいないといわれています。
彼らが無償ボランティアとして、より使いやすくなるように開発を行ってくれています。
この人的リソースをもう少し増やすことができないと、大きな進化は期待できません。
70人のうち半数ほどが日本人エンジニアだということですが、まだまだ優秀な人が求められています。

また、一般の企業ではスピード感を持って仕事ができる人が重宝される傾向にあります。
この言語は、作業効率を重視したタイプの言語です。
人間が書くべきコードを極力減らして、必要なことはすべてコンピューターにやらせるという基本設計になっています。
15分ほどあればしっかりしたwebサービスを構築できるほどに効率がいいです。したがって、経営者も速度を重視する傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です