今がチャンスのRuby 汎用性に優れているメリット!

Category Archives: オブジェクト

rubyのオブジェクト指向を理解する人口

通信業界では、perlなどのスクリプトが伝統的に使われています。
それに対してrubyは、比較的歴史が浅いスクリプト言語です。
しかしながら、このスクリプト言語を使用する技術者人口は、拡大しつつあります。
新しく登場したスクリプト言語であるだけに、開発の仕事でも有用な機能を数多く搭載しています。
多くの開発エンジニアたちから認められているポイントの一つは、オブジェクト指向に対応している事です。
開発規模が大きくなると、プログラム全体のデザインを考える必要があります。

また資源を活かして開発できるかが重視されます。
オブジェクト指向は、規模の大きい開発で求められているニーズを満たせる概念です。
そのため、従来のスクリプト言語よりも開発の効率アップが図れる言語として、利用するエンジニア人口を増やしています。
ただし、オブジェクト指向の概念を理解するのは難しいです。
たとえスタイルを似せてコーディングを行ったとしても、オブジェクト指向のメリットを活かせているとは限りません。

実際に、rubyのオブジェクト指向を最大限に活かせる技術者は限られています。
それだけに、オブジェクト指向を意識し使いこなせる実力を持ったエンジニアは、開発現場で活躍できます。
開発効率のアップに貢献ができ、数多くいる技術者の中でも存在感が示せるでしょう。
またrubyで培った開発力は、他のプログラム言語でも応用ができ、開発技術者として活躍できる場が広がります。